CPAP Life

電話
平日 9-19時
問合せフォーム
24時間

トランセンド365加湿器設定の動画について

どうも久保です!

今回のブログは新型CPAP「トランセンド365」の動画についての動画となっています。
今回はその中の1つの機能についての動画となりまして題材は加湿器となります。
トランセンド365を検討中の方は是非見ていただけたらと思いますし、その他の動画もYouTube公開してあるので是非とも参考にして頂けたらと思います。

Xトランセンド365の加湿器設定

今回の動画は
・トランセンド365加湿器設定

こちらの動画を撮影しました!

トランセンド365には器械の下部に加湿器の水チャンバーが設置されています。
CPAP使用中にのどの渇きや鼻の乾燥感などが強い時はお水を入れてのご使用が可能です。
そして、ただ水を入れて使用するだけでなく、加湿レベルも決めることができるため、お部屋の環境や気候に合わせて加湿レベルの増減が可能です。
さらにトランセンド365は加湿レベルが0から10までとかなり選択幅があるというのも特徴です。
CPAP使用前に、事前に設定しておくことも、使用中に加湿レベルを変えることも可能なのでこちらの動画が参考になればと思います。
ちなみにトランセンド365の加湿器に使用できる水は精製水のみとなるので水道水などを使用すると画面にも案内が出て、ヒーター寿命が短くなってしまします。

それでは水を入れてからの加湿レベル変更方法についての動画について簡単に解説していきたいと思います。

トランセンド365加湿器設定方法動画

今回の設定は購入者様にのみ入り方をお教えしている設定変更画面からでなく通常の画面からの変更が可能で、CPAP使用中にも変更が可能となります。
それでは動画に沿って説明していきます。
①画面下部の水滴マークを選択します。
下向きの矢印ボタンを押すと水滴マークが緑色となります。この状態で真ん中の決定ボタンを押すと画面が変わります。
②上下の矢印ボタンで数字を増減させて加湿レベルを決定します。
上下ボタンによって画面中央の数字と下の水滴マークの塗りつぶされている数も変動します。
③設定値を決めたら左右の矢印ボタンで画面右上の✔か✖を選択できるので設定を決定する場合は✔にして真ん中の決定ボタンで設定完了です。
動画にも書いてありますが加湿器を使用しない場合は必ず0でご使用ください。

これで加湿器の加湿レベルの変更は可能となります。
使用時の潤いが足りなかったり、多すぎた場合はいつでも加湿レベルを増減できます。
また動画にもある通りにCPAP使用中の風が出ている状態でも加湿レベルの変更ができます。

動画に沿って説明すると
風が出ている時の画面上の右下に水滴と数字が現在の加湿レベルです。
こちらの状態で左右の矢印ボタンを押すと数字が変わり風が出ている使用中にも変更が可能となります。
ここで変更したものが設定となり、風を止めてホーム画面に戻った時に水滴の数字が変更されています。

新型CPAPの加湿器でより快適に

今回はトランセンド365の加湿器設定の動画について書かせていただきました!
CPAPの加湿器は最初から内蔵の物もあれば、別付で付けないといけないもの、最初から加湿器が存在しないCPAPもあります。
トランセンド365はコンパクトさを失うことなく加湿器を使用できるので、旅行や出張中のコンパクトなサイズのまま水を使った加湿器を使いたいという方にはぴったりなものとなります。
コンパクトで人気のドリームステーションGOも加湿器を付けてしまうと少し大きくなってしまいますし、加湿フィルターによって水を使わずに加湿しコンパクトさを保てるレスメド社のエアーミニよりも
実際に水によって加湿されたい方はトランセンド365を是非とも検討してみてください。

お電話

平日9時〜19時

050-5809-6590電話をかける

問合せフォーム

24時間受付
問合せフォーム

メール

24時間受付
メールを送る

LINE

24時間受付
LINEで友達になる

CPAP

当サイトは売上金の一部をチャリティーとして寄付しています。


NPO_katariba_logo

ページトップに戻る