CPAP Life

>問合せフォーム
24時間
>電話 050-5809-6590
平日 9時~19時

ドリームステーションとドリームステーションGOのFlex機能

どうも久保です!

新しい動画を2つ作ったのでブログを更新します。

ドリームステーションとドリームステーションGOのFlex機能

・ドリームステーションのFlex機能
・ドリームステーションGOのFlex機能

こちら2つの動画を撮影しましたので、見てもらえると嬉しいです(^^♪

ドリームステーション、ドリームステーションGOともに様々な機能を持ち合わせている人気機種です。
今回は『Flex機能』についての設定変更動画です。

Flex機能について

Flex機能とは、CPAP使用時の呼吸サポート機能のことです。

どうしてもCPAPは常に風をだしているものなので、初めて使用される方は特に、息を吐くときに空気がぶつかり呼吸がし辛いと思われることも多いです。
そういった方にオススメできる機能がFlex機能となっています。
Flex機能にも種類があり、CPAPのオート設定の時と固定の設定の時で違うものもあります。

オート設定時
・C-Flex
・A-Flex

固定の設定
・C-Flex
・C-Flex+

となっています。
オート設定で使われているのは『C-Flex』もしくは『A-Flex』。

固定の設定で使われているのは『C-Flex』もしくは『C-Flex+』

どちらかを選ぶことができます。

もちろんFlex機能をOffにもできますしどれも3段階でレベルを変えることができるので、自分に合った風の強さにできます。
まずはいろいろ試して自分に合う機能を探してみるのをオススメいたします。

こういったFlex機能のような呼気サポート機能がついたCPAPは他にもありますが、私個人的にはドリームステーションやドリームステーションGOのフィリップス社のFlex機能が一番呼吸をしやすいように感じます。

しかも、『A-Flex』『C-Flex』のように種類があるのも魅力的ですね。

ドリームステーションのFlex機能

ドリームステーションは画面横のダイヤルを使って設定を変更します。

Flex機能の設定は通常の画面からは変更できないので、購入された方には方法をお伝えしています設定変更画面からの設定変更となります。

そして、先ほどもお話ししたように、オート設定の時と固定の設定の時で一部Flex機能の種類も違うので現在の圧設定を必ずご確認ください。

Flex機能の種類を選んだ後に、その強さのレベルも1から3の3段階で選べるので数字が上がれば上がるほど圧調整幅は上がります。

最初は1から試して合わない場合は数字をあげてみて、それでも合わなければ、もう一つのFlex機能を試すことをオススメします。

※使わなくて問題なければ無理に使わずOFFがいいと思います(越智)

ドリームステーションGOのFlex機能

ドリームステーションGOはタッチパネルなのでスワイプとタップで項目を選び設定を変更していきます。

ドリームステーションGOのFlex機能も通常の画面からは設定できず、購入された方にはお伝えしている設定変更画面からの設定となります。

あとは、ドリームステーションの時と内容は同じです。

Flex機能でより快適に使用しましょう!

今回はドリームステーションとドリームステーションGOのFlex機能について書かせていただきました。
数多くの機能を搭載しているドリームステーションとドリームステーションGOですが、今回のFlex機能は使用者様にとって、より使いやすくなる機能ですので、本当はもっと早く動画にすべきだったな・・・と反省しております(*_*;

CPAPを使用していて圧違和感がある方には是非とも使っていただきたい機能です。
この機能で圧違和感が改善されれば、よりよい睡眠が取れる可能性が高いです!

レンタルでCPAPを使用されている方にとってFlex機能は勝手に触ることができない部分ではありますが、購入者様にとってはFlex機能を触れることは、かなりの特権でもあると思うので是非試してみてください!

今回、ドリームステーションとドリームステーションGOの動画がまた2つ増えたので、次は違うCPAPの動画にしようかな?とも思っています。
宜しくお願い致します。

お電話

平日9時〜19時

050-5809-6590電話をかける

問合せフォーム

24時間受付
問合せフォーム

メール

24時間受付
メールを送る

LINE

24時間受付
LINEで友達になる

CPAP

当サイトは売上金の一部をチャリティーとして寄付しています。


NPO_katariba_logo

ページトップに戻る