CPAP Life

満足度がCPAPLIFEの評価、評判につながると信じています

>問合せフォーム
24時間
>電話 050-5809-6590
平日 9時~19時

CPAP営業マンをやめた理由➁「買いたいを断る」

どうも越智です!

いつもお問合せありがとうございます(^^
このブログを読んでくださっている方からの連絡も最近多くなってきて
ああ、書いてよかった・・・と思う事もかなり多くなってきました。

できるだけ皆様にとっていい情報となるブログをUPしていけるよう尽力致します!

と、言いながら、私の体験談を書いてるわけですけどね(笑)

すいません、もう少しだけお付き合いください!

前回の記事はこちら

①「誰のための治療?」

買いたい、という要望に対して

状況は様々ですが、買いたいという要望は多く、そういった方への対応はほぼ決まったものでした。

「40万円しますよ」

たいていの場合がこの対応であきらめさせる、という流れでした。

この「あきらめさせる」という表現ですが、ハッキリ言いますが「利益」を優先しているからです。

会社からも、医師からも、続けさせるよう指示がありました。

もちろん先生によって意見はバラバラで

買いたいならそれはそれでいいよ!

という先生もいました、無呼吸に対して力を入れていればいるほど、買うのはNGという先生が多かったです。

さらに言えばそこから

・力を入れているからこそ、個人での管理ではいけない!
・レンタルで続けてくれないと利益がなくなる

この二つに分かれている印象を強く受けました。

正確に言えば、その両方が本音だと思います。

矛盾を感じながら働いていた時に出会った患者様

CPAPの営業マンとしての時期が中盤にさしかかったころの事、一人の患者様に出会いました。

「海外地方に出張となり、レンタルはできないので買いたい」

これはどうしようもないですよね、治療は続けなければならない、でも病院には通えない

この状況で会社、医師にどうするべきか判断を仰いだ結果。

「保険じゃなく、直接レンタルしよう」

という答え。

正直驚愕しました。

月15,000円ほどでレンタルをすることになったのです。

その患者様は仕方なくその形でレンタルをすることになりました。

「うまくやれたな!」と喜ぶ上司を見て

私は疑問しかありませんでした。

その際、購入という判断もあることを本人に伝えましたが

「40万円となると、時期的にどうなるかわからないから損するかも・・・」

と泣く泣く直接レンタル継続となりました。

個人で購入する方法を探す

ここで、個人で購入するとどうなるのか、何が問題で、どんなルートがあるのかを探しました。

中には違法なもの、結局高額なものなど、色々と選択肢がありましたが

見つけた方法は「個人輸入」でした。

しかしその個人輸入にはハードルがいくつもあり、それを超えるための条件を必死で探しました。

どれだけ個人輸入 や方法 評価 くちこみ と探しても最良な方法は見つからないものの

うち(レンタル会社)で買うより確実に安く買える!という事は確信していました。

そして見つかった方法が、CPAP Life という新しい方法、すべてのハードルをクリアし、なおかつ最安値でCPAPを買ってもらう事が出来る、この方法が今できる最高の方法だ!

それは今まで仕事をしてきたことでそのルート、ノウハウ、海外販社との関係が出来ていたからこそ実現できたものでした。

そのころにはすでに会社を辞めることを決意していました。

直接レンタルしている患者様から「やっぱり買う」と連絡が入る

「4年以上はこのままの生活になりそうだし、40万でも買おうと思う。」

そう連絡が入ったときに、私は「個人でも買えますよ」

と伝え、その方法と独自のルートからでの話をしました。
もちろん、利益は一切なしでお伝えし、患者様は「なぜそこまでしてくれるの?」と驚いていました(笑)

今までの経緯を伝え、理解していただいた結果、会社には「自分で買うので返します」と連絡が入りました

「消耗品の依頼がきても売るなよ」と言われた時、もうここではやっていけないと改めて思いました。

これは、CPAPLifeとしてではなく、私「越智」が初めて「本当に必要な治療方法」をお伝えする事ができた瞬間でした。

私はこの気持ちからCPAP Lifeを立ち上げました。

またも長く、自分語りのような形になってしまい申し訳ございません(;^_^A

次は、自分自身が治療をし、CPAPを購入した時の話をしたいと思います!

CPAPLifeの評判、評価は、「どれだけ満足してもらっているか」が反映されるものだと思います!

「こうして!」「こうなったらいい!」というような声がありましたらお気軽にご連絡ください!

今回はここまでで!また書かさせてもらいます!

CPAP一覧へ

CPAP

当サイトは売上金の一部をチャリティーとして寄付しています。


NPO_katariba_logo

ページトップに戻る