CPAP Life

CPAP治療における「暑さ」対策の話

>問合せフォーム
24時間
>電話 050-5809-6590
平日 9時~19時

夏が来る前に「暑さ」対策を考える

どうも越智です!

もう4月も折りかえしがすぎ、あっという間に夏が近づいてきている気がします。
しかし、今年は花粉で困っている、というお問合せがほとんどありません。

去年の今頃はちょこちょこあった記憶があったので、くるかなー?と思っていましたが・・・
私含め、花粉の脅威に対してきちんと対策している人が増えているいい傾向なきがしますね( *´艸`)

この季節が終われば次にCPAP使用者に訪れる悩みの代表格は

「暑さ」「蒸れる」などでしょう。
この辺りは結構不快な思いをするので、対策をとる方もいますが、「寒さ」に対してのアプローチの幅に比べ「暑さ」への対策はマスクの種類しかありません。

実際風を送るのでマスク内はそこまでの暑さは感じないかもしれません。
しかし、マスクの接地面がどうしても蒸れてしまいますよね・・・

暑さ対策1・エアコン

非常に簡単な答えではありますが、空調で部屋を涼しくすれば解決、これはとっても簡単で、エアコンが対策、という人がほとんどだと思います。

ただ、エアコンをつけっぱなしにして寝ること自体が体にどうなのか・・・とも思いますし、乾燥もしてしまいますよね。

それで風邪をひいてしまっては本末転倒です・・・

エアコン設定「入」タイマー

私が国内でレンタル営業をしていたころ、使用者さんに聞いたなかでなるほど!と思った対策方法がこれでした。

・エアコンで部屋を冷やす
・寝る
・数時間後動くように入りタイマーを付ける

これで寝苦しい夜を越しながらエアコンによるねびえを避ける、というわけですね!

暑さ対策2・ピローマスク

10

ネーザルマスクやフルフェイスマスクはどうしても接地面が多く、通気性の悪い蒸れやすい部分があります。
それに比べピローマスクは接地面が少ない分、不快感はへると思います。
そもそも、このマスクは圧迫感が少ないので、そのあたりでお悩みの方は一度試してみることをおススメいたします!

ピローマスクの注意点

安易にピローにしてみよう!とマスクを変更すると後から困った症状が起きる可能性があります。
というのも私の感覚的には、マスク内の空間が少ない分空気圧を直接感じて合わない人がいるかも・・・?と思っています。

実際に、ピローが合わない、という方も多く、この辺りは試せるのならレンタルのうちに試しておきましょう。

※レンタル中の方は絶対に医師に確認をとってから変更指示をもらいましょう!CPAPによっては設定の変更が必要です。

暑さ対策3・布マスク

02

数あるマスクの中でも特殊といえる布マスクは、マスク全体で空気が抜けていくため、たとえ汗をかいたとしても通気性にすぐれていて不快な思いはあまりないと思います。

そのまま洗濯機にいれて洗える!というのも大きいですよね、メンテナンスがとっても楽で衛生的です。

※絶対に洗濯ネットに入れましょう

布マスクの注意点

布マスクもなかなか人を選ぶマスクです。というのも、空気圧が強いとリーク(空気漏れ)の調整が難しくなります。
布の分曲がりやすく、空気漏れが多くてとてもじゃないけど使えない・・・・という人を何人も見てきました。

しかしながら、比較的高圧ではなく、うまく使用できる人にはとってもいいマスクなので、検討に入れてみてもいいと思います!

様々なことに対策方法はあります!

CPAP治療が確立されてから長い時間がたち、CPAP自体はもちろんですが、それについてくる問題への対策は多くなってきました。
昔では考えられなかった対策方法が今ならあるかもしれません。

そしてそれがCPAP Lifeなら提案できるかもしれません。

まずは一度お気軽に 担当:越智 までご連絡ください!

お電話

平日9時〜19時

050-5809-6590電話をかける

問合せフォーム

24時間受付
問合せフォーム

メール

24時間受付
メールを送る

LINE

24時間受付
LINEで友達になる

CPAP

当サイトは売上金の一部をチャリティーとして寄付しています。


NPO_katariba_logo

ページトップに戻る