CPAP Life

シーパップライフの結露対策のご提案

>問合せフォーム
24時間
>電話 050-5809-6590
平日 9時~19時

寒い冬の対策方法

どうも越智です!

気が付けば12月になってしまいましたね・・・!
今月は日本に帰るので、ゆっくりと娘たちとあそべるのがとっても楽しみです!

もちろん年末年始も対応ができるようにしてありますので、ドシドシご連絡ください!

今回は前もここで紹介させていただいたはなしですが、そろそろ厳しい季節なのでもう一度!

結露と乾燥の問題

寒い冬に起きるトラブルが二つあります。それは「結露」と「乾燥」となります。
そのひとつひとつの対策をご紹介していきます ^^)

寒さによる結露

45af73d9ea1d6c9704a3f7495413310a_t

マスク外の空気の温度と呼吸の温度、湿度が関係し、朝起きた時にマスクの中に水滴がたまる現象です。
これがなかなか不快で、水滴が顔に落ちて目が覚めてしまうなどの状況になってしまいます・・・

結露対策は温度調整

根本的に温度差がなくなればいい話なので、お部屋の温度調節をすれば解決が出来ますが、どうしても光熱費がかかってしまいます。
感想もしてしまって別の問題もおきてしまいます。

CPAP上での対策で一番簡単なのは「加温ホース」を使用する事です。
当サイトのオプション一覧にも掲載がありますので是非ご覧ください!

加温ホースはホース自身が温まってくれることにより、快適な温度を保ち、結露を予防してくれます。乾燥で問題が起きていないのであれば非常に有効な方法です!

しかし、ただで乾燥の季節に乾燥しやすい加温チューブを使うと乾燥をさらに助長させます。

乾燥対策は加温加湿器

乾燥の話をすると使用者さまからこんな声をよく聞きます
「お部屋の加湿器を使っているから大丈夫!」

確かに乾燥にお部屋の加湿器は有効なのですが、CPAPの乾燥とは別物と考えた方がいいです。
というのも、そもそもCPAPの副作用は「乾燥」なんです。

つまり、どうしたって乾燥しやすいものなんです。
これを解決する方法はやはりCPAP専用の加湿器、となります。

CPAPから風が出たすぐ先に加温加湿器がとりつき、湿度を適正に保ってくれます。
これによって呼吸は楽になり乾燥は防ぐことができ、最高の環境でCPAPが使用できます!

オプションで付けられるCPAPは注文画面に「専用加温加湿器」と記載されていますので、ぜひご確認ください。

乾燥、加温へのおススメの器械はこちらです!

当サイトでご紹介させていただいている「ICON」は加温加湿器一体型で、オプションで加温ホースが付けられます。

初めて使う方にもおススメできるほど風あたりも優しく、音も静かなCPAPです。

特に、加温加湿器ありでの持ち運びに関してはどの器械よりも楽だと思います。

せっかく小型の器械を買っても加温加湿器をるけるとどうしても大きくなってしまいますからね・・・

個人的にもこのCPAPは大好きです!アダプタが内蔵なのが本当にいいんですよね!

アイコン(icon)のページへ

CPAP

ページトップに戻る